高齢化社会と食生活の大事さに関して

日本人のがん患者は増え続けていますが、中でも増えているのが消化器系のがんだと言われています。
胃や大腸ですが、早期の発見で治るとは言うものの不安は計り知れないものがあります。
一方で見方を変えれば、消化器系のがんは予防が可能な病気でもあります。
発症を防ぐには、食生活に最大限期を配る必要があります。
肉や魚を少なくして、野菜中心の食生活にすることが大切です。
ビタミンをバランス良く摂取することで、免疫力がアップして健康になります。
刺激物を少なくすることも重要で、辛さや熱さを控えることが鍵になります。
そして、それらのベースになるのが腹八分目という考え方ではないでしょうか。
暴飲暴食が諸悪の根源で、常に一歩手前で止めておくことも重要です。
残すことをやめることで、材料が無駄にならずに作り手にも迷惑をかけることがなくなります。
高度経済成長を経た日本は、改めて足元に目を向けるべきです。
食材を大切にすることが、美しい日本を未来に残す術ではないでしょうか。

サイトメニュー

Copyright© 食 All Rights Reserved.